トップ >  イベント情報 > 主催イベント一覧 > 10年目のだしサミット

定期イベント

料理のプロ、必見!「関西食文化研究会」第27回定期イベント 10年目のだしサミット 7月1日 日曜日 11:00~14:30 第1回イベントテーマ「だし」は、今や以前に増して注目度は高まるばかり。日本料理の「だし」だけでなく、各ジャンルのアプローチは多様になり、情報もかつての比ではありません。そこで、本研究会10年の成果を踏まえ、あらためて「だし」の最前線を考えます。

関西食文化研究会が10年目を迎えるにあたり、この10年間の変化をとらえ、未来につながる提案を順次おこなっていきます。
第1回イベントテーマ「だし」は、今や以前に増して注目度は高まるばかり。日本料理の「だし」だけでなく、各ジャンルのアプローチは多様になり、情報もかつての比ではありません。そこで、本研究会10年の成果を踏まえ、あらためて「だし」の最前線を考えます。

プログラム

Program 1
スタディ
料理のサイエンスとデザインの視点から、現在の料理における「だし」の意義や傾向を整理していただきます。

基調講演 川崎 寛也氏(農学博士、「味の素株式会社イノベーション研究所」主任研究員)

Program 2
プレゼンテーション+試食
各料理ジャンルにおける「だし」についての新しい考えや具体的な料理を披露していただきます。

実演日本料理 髙橋 拓児氏(「木乃婦」三代目主人)

実演中国料理 澤田 州平氏(「中国菜 エスサワダ」オーナーシェフ)

実演フランス料理 山口 浩氏(「神戸北野ホテル」総支配人・総料理長)

Program 3
ディスカッション
出演者にコアメンバーが加わり、「だし」と各プレゼンテーションについての討議、参加者からの質疑応答をおこなっていただきます。
参加コアメンバー:山根大助氏(「ポンテベッキオ」オーナーシェフ)、吉岡勝美氏(「辻調理師専門学校」中国料理技術顧問)
進行 : 門上 武司

参加申し込み

  • 会員登録(無料)はこちら
  • 既に会員の方のお申し込みはこちら

プロフィール

プレゼンテーション+試食
<日本料理>
髙橋 拓児
(たかはし たくじ)
「木乃婦」
三代目主人
コアメンバー

大学卒業後、「東京吉兆」で湯木貞一氏の薫陶を受け、「木乃婦」を受け継ぐ。能をはじめ茶や華の芸事にも励むなど日本料理を深く追求。その傍ら、シニアソムリエの資格も取得。日本料理アカデミーには創設から参加し、海外の料理人と交流するなど常に新たな調理法や素材に取り組み、京料理を担う気鋭の料理人として注目を集めている。

<中国料理>
澤田 州平
(さわだ しゅうへい)
「中国菜 エスサワダ」
オーナーシェフ

辻調理師専門学校卒業後、中華料理を目指し各地の専門店やホテルなどで修業するなか、本場で学び直すことを決意し中国に渡る。香港屈指の高級レストラン「福臨門酒家」では基本からすべてあらため身につけ、帰国。「Joe’s Shanghai Newyork グランフロント大阪店」料理長、心斎橋「中華旬彩サワダ」総料理長となり、新進気鋭の中国料理人として注目を集める。2016年に「中国菜 エスサワダ」オープン。翌年にはミシュランの一つ星を獲得している。

<フランス料理>
山口 浩
(やまぐち ひろし)
「神戸北野ホテル」
総支配人・総料理長
コアメンバー

神戸マイスターのひとり。フランスの名店「ラ・コート・ドール(現「ルレ・ベルナール・ロワゾー」)」の総料理長ベルナール・ロワゾー氏に師事。2000年から現職。常にフランス料理界に大きな話題を投げかける存在。


スタディ
ディスカッション

<基調講演>
川崎 寛也
(かわさき ひろや)
農学博士
「味の素株式会社イノベーション研究所」主任研究員

京都大学で鰹だしのおいしさについて研究を始め、2004年同大学院博士後期課程修了。その後、味の素株式会社、仁愛大学などで研究活動を継続。専門は栄養化学、調理化学、食品科学。「おいしさ」について、作る側と感じる側の両面から研究している。


山根 大助
(やまね だいすけ)
「ポンテベッキオ」
オーナーシェフ
コアメンバー

1981年辻調理師専門学校卒業後、イタリアなどで修業。1986年独立、現在は北浜の本店を含め多店舗を展開。2004年イタリアの「カヴァリエール」章を受章。イタリアも認める日本を代表するイタリアンシェフ。


吉岡 勝美
(よしおか かつみ)
「辻調理師専門学校」
中国料理技術顧問
コアメンバー

辻調理師専門学校を卒業後、同校に入職。香港「敬賓酒家」で広東点心を研修。香港「富麗華酒店(フラマーホテル)」、広州「広東大厦・潮苑春」で広東料理を研修。教鞭をとる傍ら、TV、雑誌、著作活動などで活躍中。

詳細・参加申込

アクセス
〒616-8083 京都市右京区太秦安井西沢町4番5
最寄駅:太秦天神川駅(地下鉄東西線)1番出口から徒歩4分
嵐電天神川駅(京福電車)徒歩5分
花園駅(JR山陰本線)徒歩13分
応募開始
2018年5月15日

日時
2018年7月1日(日) 11時~14時30分(開場 10時30分)
会場
京都調理師専門学校 太秦キャンパス 4F Hospitality Hall
*駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
参加費
2,000円
*申し込み後にお送りするメールに記載の振込先へ振り込みをお願いいたします。なお、食材手配等により6月22日以降は参加費をご返金できません。ご注意ください。
定員
150名様
*申し込み順ではなく、振り込み完了順となります。ご注意ください。

会員限定のイベントとなります。
参加申込の際には「会員登録(無料)」をお願いいたします。

問い合わせ先

関西ビジネスインフォメーション(株)内 「関西食文化研究会事務局」
TEL:06-4803-2350 FAX:06-4803-2240
平日10時~17時[土・日・祝・年末年始期間(12月28日~1月5日)除く]
E-mail:shokubunka@kbinfo.co.jp

*イベント内容は都合により変更となる場合があります。

ページトップへ