トップ > イベント情報 > その他イベント一覧 > 豊穣の国・ はりま 播磨のおいしい食材 inハグミュージアム

姫路市・播磨圏域×関西食文化研究会コラボイベント 豊穣の国・ はりま 播磨のおいしい食材 inハグミュージアム

写真で見る『 豊穣の国・ はりま 播磨のおいしい食材 inハグミュージアム』

播磨圏域は、兵庫県西部の8市8町(姫路市・相生市・加古川市・赤穂市・高砂市・加西市・宍粟市・たつの市・稲美町・播磨町・市川町・福崎町・神河町・太子町・上郡町・佐用町)を指します。播磨灘、播磨平野で育まれた海の幸、山の幸、里の幸など地域に受け継がれたすばらしい実りの数々を関西の皆様に知っていただくためのイベントを開催しました。

Program 1:講演と実演「食材と向き合う 料理人の技」

食材とどのような考えで向き合っているのか、実践的な講演とともに播磨の食材を使った料理を披露していただきました。

フランス料理:山口 浩氏(「神戸北野ホテル」総支配人・総料理長、関西食文化研究会コアメンバー)

香りと味わい、それに多彩な食感の違いを楽しめる料理2皿です。
料理:「ウマヅラハギのシリアル衣揚げ 肝ソース 焦がし葱添え」

・播磨灘で捕れたウマヅラハギをメインに、下処理から衣揚げまでの調理を実演。新鮮だから出来る肝を使ったソース。乾燥させたもの、焼いたもの、ふたつの葱を組み合わせて盛り付けます。見ているだけで食感の多彩さが口に広がります。

料理:「ガシラの香味コンフィー柚子胡椒 醤油ドレッシング」

・播磨灘で捕れたガシラのコンフィ料理ですが、香りづけの多彩な技が披露されました。香気成分には水溶性と脂溶性のものがあり、そうした性質を生かすことで料理に新たな香りづけが可能であること。また、アルコールを媒介させて醤油にも香りが付けられることなども示していただきました。

提供食材:ウマヅラハギ・カシラ「坊勢漁業協同組合」、からし水菜・水菜・レタス・米粉「有限会社夢前夢工房」、柚子「安冨(やすとみ)ゆず組合」、卵「有限会社村上ポートリー」、山椒「ブンゼン株式会社」、本醸造醤油「高橋醬油株式会社」、南光ひまわり油「南光ひまわり館」、平釜と天日仕立ての塩「赤穂あらなみ塩株式会社」

Program 2:播磨の食材プレゼンテーションと試食

食材プレゼンテーション

播磨の生産者の方々がステージに登場。各者自慢の食材をプレゼンテーションしていただきました。

presentation

以上の10社のプレゼンに、関西食文化研究会コアメンバーの門上武司氏がインタビュー。生産者様の食材に対する熱き想いをフォローさせていただきました。

試食

播磨の地元、姫路市で「天ぷら季節料理 白雲まこと」を営む中嶋建二氏が、播磨の食材を使った料理4種を用意。会場の皆様に試食していただきました。

料理:「姫路和牛の醤油麹ローストビーフ」「コブトのれんこんまんじゅう きなこ餡かけ」「太市のたけのこの天ぷら」「ぼうぜ鯖の天ぷら」

「姫路和牛の醤油麹ローストビーフ」

「コブトのれんこんまんじゅう きなこ餡かけ」

「ぼうぜ鯖の天ぷら」「太市のたけのこの天ぷら」

Program 3:ディスカッション

山口浩氏、中嶋建二氏、門上武司氏に姫路市より髙馬産業局長が加わり、 食材について多角的に意見交換していただきました。

播磨の食材展示・仕入相談会

イベント会場のホール内には、当日披露いただきました食材を展示。生産者の方々と直接お話しいただける場も設けました。

ページトップへ